プロフィール

JaJa

JaJa
ツイニ スマートフォンヲ テニイレタゾ~! ('▽'ノ

...Now Developing
→ちょっと大きいサイズ
ブログ内検索
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/05/24▼スプライト単位での状態遷移管理

メニュー画面のパーツを少しずつ組み込んでいるのですが、スプライトの数が増えてくると……
・個々のスプライトは今、どんな状態(表示位置や色、動き等)なのか
・ほっとくと、個々のスプライトは次にどんな状態になるのか
・プレイヤーが操作すると、個々のスプライトはどんな状態に変化するのか
といった、表示状態の管理がややこしくなってきました。('-';

そこで今日は、スプライト単位で、過去、現在、未来の表示状態を管理する部分を実装。
これにより、プレイヤー操作や時間経過による各スプライトの表示状態を制御しやすくなり、今までよりも柔軟に、スプライトの組み込み作業を行うことができるようになりました。

20120524.jpg
▲選択中のユニットのパラメータ部分に色をつけたり、状況に応じて下段のメッセージを書き換えたり……コツコツ組み込み中。

2012/05/23▼頂点カラーの制御

レティクルが白ベタだと見難いので、透過させようかと。
透過自体はすでにライブラリの機能に組み込んでいるので、新たに頂点カラーの制御部分を組み込んでみました。

これにより、グラデーションに透過させたりすることが可能に!
ためしに、レティクルのラインパーツをグラデーションで透過させたりしていました。

ついでに、ブレンド関数を調べて、加算半透明にも対応。
加算半透明はキラキラ輝いて見えるような印象なので、今後、他でも使う機会もあるかなーと。

20120523.jpg
▲エミュレータにキャプチャ機能があったことに今さら気付く。綺麗に撮れるのは嬉しいけど、エミュレータだと重い……

2012/05/22▼レティクルの実装

昨日作ったグループ化の機能を使って、レティクルを実装。
スプライトデータの実装は、ただひたすらスクリプトを打つような感じで進めてます。
問題は起きづらいけど、反面ちょっと退屈な作業でもあります。('-'ゞ

レティクルのパーツは全て実装完了。
明日は、ライブラリの機能を充実させる目的で、このレティクルにもう少し手を加えようかと。

20120522.jpg
▲今のままでは白ベタで、なんだかなー……といった状態です。('-';

2012/05/21▼複数のスプライトの連動制御

今日は、レティクル作成の準備。
レティクルは複数のスプライトから構成されるスプライトで、プレイヤーの操作によって、表示状況(形状とか、座標とか)が変化します。
これまでは個々のスプライトを表示させながら画面を作ってきたのですが、レティクルでパーツとなるすべてのスプライトを個々に扱うのはとても面倒だなーと。('-';
そこで、連動するパーツをすべてグループ化して制御できるような仕組みを作っておこうと思いました。
レティクル以外にも使えるしね。('▽'ノ

そんなわけで、スプライト制御部分のプログラムを改造。
改造作業は、丸一日かかってなんとか完了。

20120521.jpg
▲今回のレティクルは18個のスプライトで構成。これを個別に制御すると思うと、ゾッとします……('△';

2012/05/20▼フリックによるスクロールに追従

昨日はドラッグによるスクロールを実装しましたが、今日はフリックによるスクロールの実装です。
Delta値(フリックの強さを表すようなもの)の処理に手こずりましたが、なんとか完了。

これで、ドラッグでもフリックでもリストのスクロールが可能になりました。
スマホっぽくなってきたぞ!('▽'

スマートフォンにデフォルトで搭載されているブラウザを確認してみると、フリックによるスクロールでは、徐々にページのスクロール速度が落ちてきて、なめらかに止まるようになっています。
これを真似すべく、ここあたりを参考にしながら、ユニットリストもスーッと止まるように座標計算を変更。
なんとなくそれっぽくなったような。

次はレティクルあたりを実装してみようと思うのですが、これにはちょっと前準備が必要そう。
明日はそのあたりから。

20120520.jpg
▲今日の燃料。あまくてまろやか~('-'*

2012/05/19▼ドラッグによるスクロールに追従

今日も前半は、スプライト表示を操作に追従させるための整備。
後半は、これまで整備したライブラリ(ってほどの物でもないけど……)を使って、画面表示物の挙動とプレイヤーの操作をリンクさせていきます。

とりあえず、ドラッグによる操作でユニットのリストが上下にスクロールし、連動してスクロールバーも上下するところまで。
まあ、たったそれだけですが、かなり苦戦しました。('-';
スクロールが逆に動いたり、スクロールバーが画面外まで出て行ったり、リストがブルブル震えたり……怪奇現象が起こりまくってましたが、それもなんとか落ち着いた模様。

それはそうと、左の欄に開発途中の動画を載っけてみることにしました。
まあ、まだ何の面白味もない画面だけど、動画のエンコードの実験も兼ねてアップ。
なかなか進展の見える動画は撮れないので……こちらは不定期更新となります。('-'

20120519.jpg
▲悪戦苦闘の跡。

2012/05/18▼画質向上!?

スクロールバーと画面下の説明文みたいなのを追加。
あと、操作に追従させるための準備として、スプライトを制御しやすくするための整備を行ってました。
そんなわけで、今日もプログラム作業です。

いろいろ調べ物をしている中で、気になる情報が……。
実は今まで画面に表示されていたものは、「すべて0.5ピクセルずれている」というのです!?
(システム側の仕様でそうなるみたい!?)

そこで、その“ずれているらしい0.5ピクセル”ぶんを戻してやるような補正処理を加えてみると……あらフシギ、くっきり鮮明になりました! って、なんじゃこりゃ!('△';
中でもとりわけ、白文字のフォントなどは顕著にキレイに見やすく!
全体的に画質がアップしたような感じになったので、嬉しいのは嬉しいのですが……無知とは、げに恐ろしき。

理屈から言えば、これまで0.5ピクセルずれていたという事は1ドットが2ピクセルにわたってボケてたような感じに近いってことで、1ドットをそのまま1ピクセルとして表示すれば鮮明になるというのは道理ですね。
まあ、配色とかデザインをちゃんと考える前に気付いて良かった。('▽'=3

20120518.jpg
▲写真だとあまり分からないかもしれないけど……昨日の写真よりも画面が鮮明になっています。('▽'
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。