プロフィール

JaJa

JaJa
ツイニ スマートフォンヲ テニイレタゾ~! ('▽'ノ

...Now Developing
→ちょっと大きいサイズ
ブログ内検索
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/04/25▼仕様の項目出し

ここ数日は操作周りの変更にかかりっきりでしたが、今日から企画作業の再開です。

前回はゲームのアイディアから基本システムを組み立てるとこまでやったので、それらを実際のゲームとして実現するための仕様書作りに入ろうかと。
まあ、一人で制作するぶんには仕様書なんか無くてもOKだったりするのだけど、時間が経つと忘れたり、思い違いで作ってしまったりする危険もあるので、ドキュメントで残しておいたほうが吉。
実際に仕様書を書く作業を行うことで、ゲーム全体を改めて見渡せるので、いろいろメリットもあると思うし。
急がば回れってことで!('▽'ノ

自分の場合、仕様書作成のはじめに、仕様の項目出しというのをやります。
仕様書にどんな事を書くかをリスト状に書き出していく作業で、仕様書作成の準備となるものです。
なんでもない単純作業のようですが、ゲーム全体を考えながら出さないといけないので、かなり集中力の必要な作業だったりします。
絵を描くときのラフ描きみたいなものかなあ。

項目自体はもちろん、あとから追加したり、削除したり、変更したりできるし、実際にしたりもするけど……「ここに書かれていないことはゲームに入らないぞ!」という気持ちで、抜けなく書き出すつもりでリストアップします。
ゲーム全体を俯瞰するように考えないとできない作業なので大変ですが、逆に言うと、このリストアップ作業が終わると、自分の頭の中ではゲーム全体がかなり把握できている状態に!('▽'=3
なので、たかが項目出しですが、それなりに気合いを入れてやらないといけません。

ちなみに、ここでリストアップした項目は、そのまま仕様書内の見出しとして使います。('-'ノ
仕様書作成にはViVi(ver.2のほう)というテキストエディタを使っているのですが、リストアップした項目はアウトライン解析&表示機能というのを活用して、見出しとして機能するようにしています。便利!

20120425.jpg
▲項目がツリー状に構成され、展開したり、折り畳んだりできます。項目をダブルクリックすると、その部分にジャンプしてくれたりもするよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。