プロフィール

JaJa

JaJa
ツイニ スマートフォンヲ テニイレタゾ~! ('▽'ノ

...Now Developing
→ちょっと大きいサイズ
ブログ内検索
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/04/26▼フリック処理を追加

仕様書の項目出しを一通り終えたところで、必要そうな画面やシステムがもわ~んと頭の中に浮かんできました。
その中の1つに、ユニット出撃順序編成画面なるものがあります。
手持ちのユニットの出撃順序を決める画面なのですが、ユニットが増えるとおそらく1画面では表示しきれなくて、ユニットのリストをスクロールさせる必要が出てきます。
このスクロールの実現方法についてふと考えてみたのでした。
・従来のゲーム機だと方向ボタンを押したり、押しっぱなしにしてスクロールさせる。
・PCだとスクロールバーをドラッグしたり、その上下をクリックしてスクロールさせる。

じゃあ、WindowsPhoneではどうするのか……ということなんだけど、どこか(場所失念;)で見かけたガイドラインのドキュメントには、従来のようなスクロールバーでの操作ではなく、パンやフリックの使用を推奨すると書かれていました。
必須事項ではないみたいで、スクロールバーの操作だと小さなパッチパネル上では使いにくいから、スマホっぽくパンやフリックを使って実装してね~的なニュアンスだった気がします。
自分も当初はスクロールバーをドラッグして操作することを考えていたのですが、これに従ってフリック処理を実装することにしました。

さて、フリック処理では、フリックの強さ(速さ)みたいなのを表すパラメータが必要になるのですが、まずこれが具体的になんの値なのかさっぱり分かりませんでした。('-';
色々調べた結果、ここによると、どうやら1秒間あたりの移動ピクセル量で表されていることが分かりました!
んで、早速フリック処理を作り始めたのですが、この値(内部処理的にはDelta値というらしい)をうまく計測することができず……。
少しの間、格闘してみたりしてたのですが、結局Delta値に関してはReadGesture関数を使って取得することにしました。
この値がうまく取れないと、フリック操作を適切に処理することができないので。

そんな感じで、フリック処理を操作周りに追加するの完了。

20120426.jpg
▲コードオブプリンセスについてきたミニアルバム。ゲームは未だプレイできていないけど、曲は結構好き!('▽'
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。