プロフィール

JaJa

JaJa
ツイニ スマートフォンヲ テニイレタゾ~! ('▽'ノ

...Now Developing
→ちょっと大きいサイズ
ブログ内検索
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/03/26 ▼WindowsPhoneの開発環境

AppHubからWindowsPhoneの開発環境をダウンロード。
「Visual Studio 2010 Express for Windows Phone」という無料のツールが付いてくるので、これを使って作っていくことに。

WindowsPhoneでゲームアプリを作る方法はどうやら、XNAベースで作る方法と、Silverlightベースで作る方法の2通りがあるみたいです。
XNAベースでは常に秒間30フレームの処理をループさせるといった従来のゲーム作りに近いやり方で、Silverlightではプレイヤーの操作に呼応した処理を都度行っていくといった今風(?)のやり方……といった感じでしょうか?
まあ、詳しい事はよく分からないのですが、ネット情報だとそんなイメージみたいです(汗。
とりあえず、従来のゲーム作りに近いほうのXNAベースで作っていこうと思います。

早速ツールを起動して、付属のエミュレータが動くことを確認し、続いて、先日購入したIS12Tも繋いで実機でも動作を確認してみました。
とくに問題なくすんなり動いたので、ここからしばらくはオンラインマニュアルを読む作業です。。。

20120326.jpg
▲デフォルトのアプリ起動画面。Windowsで青色画面とか……。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。