プロフィール

JaJa

JaJa
ツイニ スマートフォンヲ テニイレタゾ~! ('▽'ノ

...Now Developing
→ちょっと大きいサイズ
ブログ内検索
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/06/28▼サンプルコードの動作確認

購入したPS Vitaが届きました。
実物は見たことなかったけど、思ったよりも画面が大きくて迫力がありますね!
光沢のあるブラックを基調としたデザインだからかな?

ひとしきりガチャガチャ触ってみたけど、物理的なボタンがあるのは良いなあ~と改めて思いました!('▽'*
ボタンは少し小さめですが、本体を手に持ったときのホールド感が個人的に気に入りました。
見た目より軽くて、重さもちょうど良い感じです。
手触りの良いハードだと思うので、ゲームソフトも充実してくるといいなあ~('-'*

SDKはすでにダウンロードしておいたので、Vita本体を開発マシンに繋いで、プログラムを実行するための設定を行う。
設定自体はとても簡単だったので、すぐに完了。
さっそく、幾つかのサンプルコードを実機で動かしてみる。

サンプルコードも問題なく動きました。
やー、これは楽しい!('▽'ノ

まだまだ仕様面で分からないところがたくさんありますが、ドキュメントやサンプルを調べつつ、まずはWindowsPhoneで実装した機能をVita上に移植する作業から始めようかと思います。

20120627.jpg
▲プログラムが実機で動いているのを見ると、なんか感動しますね!('▽'ノ
スポンサーサイト

2012/06/26▼4つめの選択肢

今日はiOSの情報を探そうとネットを調べていたら、SCEが提供しているSDKを使ってPS Vitaのゲームが作れるという情報が!
なんか4月くらいに始まっているみたいで……全然気が付いてませんでした。('-';

面白そうだったので、今日の予定を変更してドキュメントを読んでました。
ざっくり読んでみた印象としては……

○ゲーム機で開発できる!(個人的にはかなり嬉しい要素!!('▽'=3
○現在習得中のC#言語で開発できる。
○現在はβ版なのでライセンスは無料。(正規版になると年間1万円くらいらしい)
×実機確認用にVita本体を買わないといけない。
×まだオープンβの段階なので、この先の展開が読めない。そもそも個人で参入できるの?……とか色々。

最後の×が未知数すぎて不安ですが……ゲーム機で開発できる魅力には逆らえない!!('▽'*
あとC#が使えるので、新たにプログラミング言語を勉強しなくて良いのも地味に助かります。
Vitaが必要といっても、Mac買ったり、Unity買ったりするのに比べると断然安いので、まあアリかなあと。

……とか考えるよりも、早くサンプルコードを実機で動かしてみたくて、思わずVita本体をポチってしまってた。('-';
そんなわけで、荷が届くまで、まだ読んでないドキュメントに目を通しておこうかと思います。

20120626.jpg
▲AmazonがVitaのキャンペーンをやっていて、メモカ4Gとソフト1本と合わせて2万5千円くらいでした。また出稼ぎの日々だ!

2012/06/25▼他のフレームワークについて

ここのところ、XNA以外のフレームワークについて、ネットや本で調べてたりしました。
その中で、ひとまず候補を以下の3つに絞ってみました。
長所と思われること、短所と思われることについても記載。

1.DirectX + C++
 次世代Windows8 Metroスタイルの開発環境になるらしい。
 Windows Phone 8で動くゲームを作る場合、この勉強が必須かも。
 
 ○現在の開発環境のまま行えるので、新たにお金がかからない。('▽'
 ×DirectXはXNAに比べ、かなり難易度が高いらしい……
 ×C++は、今使っているC#と違うプログラミング言語なので、新たに勉強しないといけない。

2.iOS + Xcode
 iPhoneやiPadの開発環境です。
 SDKのバージョンを重ねてきた歴史があり、安定感があるような印象。
 
 ○開発に関するネット情報や書籍がたくさんある。
 ×開発機材として、MacとiPhone(またはiPod)、開発ライセンスを新たに購入する必要がある。
 ×Objective-Cは、今使っているC#と違うプログラミング言語なので、新たに勉強しないといけない。

3.Unity
 マルチプラットフォーム対応のゲームエンジン。
 PC用のゲームも、iPhone,Android用のゲームも、このエンジンで開発できるらしい。
 (WindowsPhone用ゲームが作れるかどうかはは不明。)
 
 ○マルチプラットフォームに対応している。
 ○現在習得中のC#で開発できるっぽい。
 ×開発ライセンスが高額……スマートフォン対応までのライセンス契約だと30万円くらい?('-';
 ×開発に関するネット情報や書籍があまり多くない。(まあ、XNAも少なかったけど……)

難易度的には、1が一番難しそうな印象。
仕様に少し目を通したけど、かなりのプログラムスキルが必要そうで……自分にはまだ早い気も。('-';

費用的には、3が一番厳しいです。
初期購入時だけでなく、アップグレード時にも結構な額が。。。
というか、10万単位とか……よほどゲームが当たらないと個人ではちょっと難しいかも。('-';

ひとまず情報収集しやすそうな2から、も少し深く調べてみようかなあというところです。
とりあえず、XNAの動向がハッキリするまで、現状のXNAと並行しての勉強となります。

20120625.jpg
▲Unity本を買って読んでみた。面白そうなゲームエンジンなんで、いつかチャレンジしたいなあ('▽'

2012/06/24▼デュアルモニター環境

先日の出稼ぎがまるっと機材に変わりました。('-'ノ
買った物はモニターとマウスパッド。

モニターはデュアルモニターを構築するための2台目モニターです。
コーディング作業では1画面をフルで使うので、デュアルモニター(2画面)にしたいなあと少し前から思っていたのでした。
とくにここのところは、Photoshop画面とコーディング画面を頻繁に切り替えながら作業してたので……ここらで思い切って導入しようかと。('▽'ノ

メインモニターとなる1台目は1年以上前に購入したのですが、発色が素直で目もあまり疲れないので、重宝してました。
動画を見たり、ゲームを遊んだりするのには向かないけど、純粋に作業用モニターとしては使いやすい気がします。
モニター内にプリセットとして用意されている「sRGBモード」で作業をしています。

amazonで探してみたら、まだこの型番が現役で売っていたので、2台目も同じモニタを購入することにしました。
以前は3万円以上出して買った物ですが、今は実売価格が下がっていて2万5千円くらいで買えました。

予算を3万円くらいで見積もっていたので、浮いたお金で前から気になっていたマウスパッドも一緒に購入。
自分が使っているマウスはいたって普通のレーザーマウスなのですが……それが、気持ち悪いくらいヌルヌル動くように!('△'*
正直マウスパッドなんて何でもいいや~と思ってたのですが、もっと早くに導入していれば良かった。。。
(人によっては滑りすぎると感じるかも。。。とにかくマウスが軽い!)

今回はなかなか良い買い物でした。('▽'*

20120624.jpg
▲マウスパッドのパッケージ台紙に、これでもか!ってくらいにアピールポイントがぎっしり書いてある……('△';

2012/06/23▼続・出稼ぎ

今日も引き続き、出稼ぎです。

20120623.jpg
▲疲れた~

2012/06/22▼出稼ぎ

開発機材を揃えるために出稼ぎです。
今日は、ゲーム制作はお休み。

20120622.jpg
▲眠気覚まし用。フリスクよりコスパが高いので~

2012/06/21▼XNAの将来性について

ネット上で、XNAについて不吉なウワサが……。

それは、次世代Windows8では、XNAがサポートされないのではないか?……ということです。
心配になっていろいろ調べてみたところ、まだ正式なアナウンスではないみたいなのですが。
ウーン、どうなんだろ……('-';

今作っているゲームはXNAフレームワークをベースにしているので、今後対応されないとなるとマズイです。。。
つまりは、Windows Phone 8ではプレイできないということに!?

もしWindows Phone 7専用ゲームになってしまうとなると、さすがに遊べる対応端末が少なすぎな気がするので、他のフレームワークも検討したほうが良いのかなあと。
ひとまず、XNAの今後の動向に関する情報を探しつつ、他のフレームワークについても情報収集していきたいと思います。

20120621.jpg
▲こんな本まで買って読んだのにー('-';
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。