プロフィール

JaJa

JaJa
ツイニ スマートフォンヲ テニイレタゾ~! ('▽'ノ

...Now Developing
→ちょっと大きいサイズ
ブログ内検索
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/06/13▼データ読み込み成功

ここ最近いじっていたコードのエラーをちょこちょこ修正しつつ、ようやく正規データの生成に成功!
これで、Excelのシートからxmlファイルを経由して、ゲームで使用するデータを作れるようになりました。
今後、データの変更やバランス調整は、Excelのシート上で行うことですべてゲームに反映できるように。

プログラムの学習と並行とはいえ、xmlデータ読み込みからゲームデータ生成の処理を作るのに、1週間もかかってしまいました……。
もっとプログラムを勉強して、知識を増やしていかないとダメだなあと痛感。('-';

20120613.jpg
▲プログラムを実行させて、メモリの中身をトレース。……ちゃんと読み込んでるっぽい!

2012/06/12▼クラスの継承を使ってみた

昨日のプログラムファイルを修正してて思ったこと。
それは……今回修正していたデータ処理部はゲーム固有のコードなんだけど、ゲーム共通で使用するコードと一緒になっていて、直すべき箇所がとてもわかりにくい!
……ということでした。

現時点では、ゲーム固有の実装箇所はデータ処理部のみなのですが、これからゲーム固有のさまざまな処理を実装していく前に、ゲーム内容に依存する固有部分とゲーム内容に依存しない共通部分とを明確に分離させたほうが良い気がしました。
で、早速その仕分け作業。

クラスの継承という手法(?)を使って、ゲーム共通部分の処理をコアのクラスとして別途まとめて、ゲーム固有部分はそのコアのクラスを継承する形で実装することにしました。
これによりゲーム内容の実装時においては、ゲーム共通部分を隠ぺいできるので、コーディング作業がしやすくなるハズ。

20120612.jpg
▲ファイルも別にして、完全にフォルダ分けしておきました。

2012/06/11▼オーバーロード関数への置き換え

これまで幾つかのデータに使ってきたNullable型ですが、これを使わない方法でコードを書き換えることにしました。
おもには、オーバーロード関数への置き換えです。
昨日、本を読んで知り得た手法なんですが……さっそく使ってみることにしました。('-'

ほかにも、もうちょい手を加える必要がありそうです。

20120611.jpg
▲プログラムはネットで勉強するほか、購入したC#の入門書を読んだりもしてます。

2012/06/10▼null値の扱いをどうすべきか

中間データと正規データのクラス間のデータ受け渡しを追跡してみると、どうも「null値」の扱いで不具合が出ている様子。
ただ、全てのnull値でエラーが出ている訳でもなく……出ている箇所と出ていない箇所があって、内部の動きが把握しきれない感じです。
ウーン。。。

でもまあ、null値……Excelのシート上では空セルに該当するのですが、この部分に問題があるのは間違いないので、なんとか対処しないと!

しかし、原因は分かったものの、どう対策するのが有効なのか悩む。
Excel側で対処すべきか、ゲーム側で対処すべきか……についても。

すぐには結論が出なかったので、コード修正は先送りにして、今日はプログラムの勉強。
いずれにせよ、も少し知識を付けたほうがよさげ。('-'

20120610.jpg
▲マツキヨで購入。パソコン疲れ用の眼薬ってのもあるんですねー。

2012/06/09▼中間データから正規データへ

ゲーム内で取り扱う正規データのデータ構造を作成する作業。
この作業では……
・ゲーム内でどういう風にデータを取り扱いたいのか?
・そのデータは中間データからどのようにして作るのか?
の2点を考えながら、データの仕様を決めて行くことになります。
「どういうデータだったら、ゲーム内で扱いやすいのかなあ~」といった気持ちで。
1つめの考えは正規データのクラス定義へ、2つめの考えは中間データ→正規データのコンバート処理の実装へと具体化してきます。

正規データクラス定義とコンバート処理の実装まで終えたものの、中間データ→正規データへのコンバート部分でエラーが発生!('-';
ランタイムエラーなので、ちょっと丁寧に調べないと原因が分からない感じ。。。
原因究明は明日へ持ち越しです。

20120609.jpg
▲ユーロカップきた!今回は、ベントナーのいるデンマークを応援するよ!('▽'ノ(写真は観戦のおとも)

2012/06/08▼中間データのデータ構造作成

Excelで出力したxmlファイルをゲーム側で扱うための作業。
まずは、xmlを読み込んで作成する中間データのデータ構造を作るところから。
この中間ファイルでは、データ自体の意味を解釈せずに、単に文字または数値の羅列として読み込みます。
例えば「99」がHPなのか?攻撃力なのか?とか、「KNIGHT」がユニットクラスなのか?キャラ名なのか?といったことは、この中間データにおいてはまったく気にしません。
それらデータの意味付けは、中間データ→正規データの変換時に行うことにしました。

中間データと正規データを分けるのは、単にそのほうが処理しやすいかなーと思ったから。('-'

20120608.jpg
▲xmlファイルのデータ羅列に各メンバ変数を対応させながら、中間クラスを定義していきます。

2012/06/07▼今日はオフ

今日は1日オフ!
PCに電源を入れない1日となりました。

20120607.jpg
▲ディズニーランド。千葉県に越してきて10年以上経つけど……初めて行ったよ!('▽'ノ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。